KTR Sound Maniac Crews JB60's with DLPB JIG NFS f970eivxu55413-エレキベース

LED表札(導光板タイプ)ステンレス板切り抜[宅配便]

KTR Sound Maniac Crews JB60's with DLPB JIG NFS f970eivxu55413-エレキベース

季節もの

ゴディバのバレンタイン2020はいつから販売?店舗や予約は?限定商品の種類も

akiko's blog




JBという楽器が本来持っていたダイナミックで多彩な表現力。KTR JB60’Sはその素晴らしさを存分に知らしめてくれます。しかしヴィンテージレプリカではありませんので、ゆるやかな指板R、握り易いネックシェイプ等、演奏性・サウンド共に現代の音楽シーンで大きな力となってプレイヤーを支えてくれます。

目の詰まったローズウッドに、非常に丁寧に仕上げられたフレット。グリップは音の立ち上がりの速さ・クリアー感を備えたハードメイプル。丹念に削り出されたネックシェイプのおかげで、新品時からしっかりと手になじむネックになっています。

そしてKTRシリーズの肝であるPUには勿論、世界にその名を轟かせている高野氏がそのキャリアと豊富に備蓄された知識によって完全手巻きで製作されるK&Tを搭載、これが最後に揃うことでこの価格帯では群を抜いた圧倒的なクォリティーが生み出されます。

今回は60年初期型をイメージしたNFS JIGをセレクトいたしました。

多くのカリスマベーシストが愛用する60年初期JB。
これには特殊な部品である2連ポットが装着されていました。
このシステムには信号と直列に抵抗がセットされており、パワーが一段低下します。
それを補う為にピックアップの出力をかなり高くしていました。

ところが多くのベーシストは操作上の理由から、ポピュラーな3コントロールに改造したのです。
3コントロールには抵抗は存在しませんので一般のJBに対してかなり太く、大きなサウンドになったのです。

スラップ奏法における瞬速のレスポンス、2フィンガー奏法における粘りとローレンジという相反する2項目が共存するピックアップ。
この時期のサウンドでしか味わえない希有なピックアップが高野氏の手によって復活いたしました。

また、現在復刻されているスタックポットモデルには抵抗はなく、ピックアップの出力は他モデル同等なため、コントローラーを交換しても彼らのようにパワフルなサウンドは望めません。正に「失われたトーン」となっています。

厳選された木材を、職人が丁寧に仕上げることにより実現できる最上級のサウンドと弾き心地。是非店頭にて体感してください。

●Neck : Rose On Hard Maple, Satin Finish
●Body : Alder 2Piece
●Machine Head : Gotoh GB-29
●Pick Up : K&T NFS JIG
●Control : Front & Rear Volume, Master Tone.
●Bridge: Crews Spiral Bridge
Crews Maniac Sound KTR JB60's with NFS JIG DLPB
人物

高杉真宙はかわいいのに筋肉がすごい?顔が変わったのは整形?

akiko's blog
トレンド

ポケモンが吉野家とポケ盛でコラボのメニューや内容は?開催期間と先行販売やキャンペーンも

akiko's blog